Top >  留学とは >  留学資金にはなるべく余裕を考えましょう

留学資金にはなるべく余裕を考えましょう

留学にかかる費用といっても、一慨にこれだけで大丈夫という具体的な金額を算出することは難しいようです。
たとえば、ホストファミリーから食費が出るといっても、実際に留学にいってみると、外食することが多かったり、結局は自分で自炊することが多かったり、友人と出かける場合もあります。
また、小腹が空いておやつを毎日のように買ってしまった場合ですと、食費は予想以上にかかるのはいうまでもないので、毎月の予算をオーバーする可能性も出てきます。
そのため、中学生や高校生を留学させる場合は、お小遣いを大目に送金した方がよいといわれています。
また、医療費がかかる場合もあります。
多くの人は留学する前に医療保険を購入しますが、保険によっては後で払戻しがくる保険がありますので、万が一にも病気になったり怪我をしたりした場合にはまずは自分で医療費を出してから後で請求するケースもありますので、なるべく余分の資金をもたせた方がよいとされています。

 <  前の記事 留学にはさまざまな雑費がかかります  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6830

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「留学を楽しもう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。