Top >  留学先で気をつけること >  自分なりのストレス発散法

自分なりのストレス発散法

留学をすれば、生活習慣の違いや物事に対する考え方の違いなどから、ストレスを感じることも多いでしょう。
ですから、自分なりのストレス発散法を見つけて勉強に集中できる環境作りが大切です。
せっかく留学することになったのに集中できず、精神的に崩れてしまってはもったいないです。
夢にまで見た留学をスムーズに進行させるためにもゆとりをもって生活をしたり、勉強をしたりしたいものです。
また、最初の数ヶ月は言葉の問題も大変な障害になることが多いので、焦らずあきらめずにどんどん話しましょう。
話しているうちに通じるようになりますので、なるべく機会を見つけては言葉は使うようにしましょう。
授業や普段の生活の中での会話でも耳は慣れていきますので、きっと半年もすれば生活がいちおうの落ち着きを取り戻すことになるでしょう。
また、ホームステイの場合はホストファミリーとコミュニケーションをとるようにしましょう。
異文化に触れるチャンスですので、逃さずに触れ合うようにしましょう。

 <  前の記事 留学先での生活は楽しいことばかりではありません  |  トップページ  |  次の記事 交換留学ができる国々  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6804

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「留学を楽しもう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。